ドラム教室

0
     昨日は岐阜各務ヶ原のスタジオPRIMEの音楽教室の発表会がありました。

     

    今回が2回目です。

     

    まだまだ歴史は浅いです。

     

    が、内容はとても濃くて、とても暖かくて、とても良い発表会でした。 

     

    ある意味私の理想とする発表会に近づきました。

     

    みんな無茶苦茶やってくれました。

     

    突然モノマネコーナーになったり、マイク持って演奏する前に下ネタ話そうとしたり、演奏中にアドリブでインタビューしたり、70歳の男性は前の日から緊張で寝れず何時間も前に会場入りしていたり、酔っ払って出て来たり、、 

     

    お客さんや出番待ちの生徒さん、皆さん大爆笑!! 

      

    でも、演奏のレベルはかなり高い、 

     

    多分こんな発表会  他ではないのでは、

     

    とても、とても、良い発表会でした。

     

    演奏を支えてくれたPRIMEの講師陣、音響スタッフ、 オーナー始めスタジオのスタッフ、皆さんの支えがなければ成り立たない発表会でした。

     

    この場をかりまして、、お疲れ様でした。

     

    ありがとうございました。 

     

    ホントに良い発表会でした。

     

    また、来年も必ずやります。 

     

    楽しみにしていて下さい。 

     


    ドラム教室

    0
       明けましておめでとうございます。

       

      今年もPRIMEのMusic Schoolをよろしくお願いします。

       

      ドラム教室は今日から今年のレッスン開始です。 

       

      生徒さんとの正月話もソコソコに。

       

      今月終わりの発表会に向け仕上げのレッスンです。

       

      さすがに皆気合入ってきてます。

       

      以前ここにも出て来た小学五年の男のコ。  

       

      彼の演奏する曲はちょっと古めのハードロック。

       

      曲のコピーとしてはとっくに仕上がってました。

       

      ので、フレーズを自分で考えてもらったりクリックをひっくり返して叩ける様に練習したり、。

       

      レッスン内容としては大人の経験者向けのカリキュラム。

       

      彼はそれらを全てこなして来ました。

       

      最後に取り掛かったのはドラムソロです。

       

      曲にはないセクションを私が作りました。

       

      叩く内容は殆ど自分で考えてもらいました。

       

      勿論アドバイスはたくさんします。

       

      でも、最初から与えられてやるのと自分で考えたものにアドバイスもらったものでは身体に染みつき度が違います。

       

      そして、、今日のレッスンでは最後の仕上げで通して演奏してもらいました。

       

      しかも、盛り上げるために電気消します。

       

      最初は「え〜暗い」と言ってましたが直ぐに慣れます。

       

      しかも気合い入ります。

       

      更に私はスタジオにバンドの練習で来ていたお客さんにスタジオの中に入って見てもらいました。

       

      勿論彼等とは初めて会います。

       

      とても緊張する状況をわざとつくりました。 

       

      小学五年にそこまでするか、、

       

      でも、彼はクリアー。

       

      恐るべしです。

       

      私の試練を跳ね返しました。 

       

      見ていてくれた人達もビックリしてました。

       

      ドラムソロも良かったです。

       

      あとは、もう何も心配なし。

       

      リハーサルと本番を待つだけです。

       

      メチャ楽しみです。 


      興味のある方は是非・・・


      入場料500円掛かかりますが教室に入会していない人でも入場できます。


      お問い合わせは   studio PRIME  058-371-3405     までお願いします。

       

        

       

       

       

       

       

       


      ドラム教室

      0
         クリスマスも終わり正月までもうちょっと。

         

        毎年このクリスマス終わってから正月までのこの間に日本人的な憂いを感じるのは私だけでしょうか? 

         

        PRIMEのドラム科のレッスンも今日で年内のレッスンは終わりです。

         

        この何とも言えない良い感じな時期を楽しんでいるのは私だけ?

         

        生徒の皆さんは来年一月の末にある発表会に向け目の色が変わってます。  

         

        既にバンドをやっている人達には普段やらないジャンルをやってもらっています。 

         

        そんな生徒さんは  特に、です。 

         

        「バンドのLIVEより緊張する」 

         

        いいじゃないですか、 

         

        皆にはこれを機会に初めての自分のLIVEを思い出してみてもらってます。 

         

        純粋で不安があって、でもバッチリ演奏出来ている自分に期待して、でも恐ろしくて、でも楽しくて、テンション上がったり下がったり、、でも、腹を決めてステージに向かって行った。

         

        人間としてとても純粋で美しい瞬間。 

         

        そんなLIVEも何度も経験したりレコーディングを経験したりすると人間自然と慣れてきます。

         

        その日のLIVEが盛り上がらなかったのをPAのせいにしたり、「客のノリが悪い」などと不届き千万な発言をしたりします。

         

        もちろん全ての人ではないですが。   

         

        ここまでヒドくなくても、どうでしょう、初めての時に比べて覚めてませんか?

         

        そんな思いも発表会を通して見つめ直してもらえたらと思います。

         

        私自身は毎回発表会の度  生徒さんのまっすぐな演奏を見る度にリセットしています。

         

        自分は大丈夫か?

         

        熱くなれているか?

         

        純粋でいられているか?

         

        あの日の感動を越えられているか?

         

        考えさせられます。 

         

        でも、それだけの演奏を生徒さんはしてくれるんです。 

         

        そんな、PRIMEの発表会。

         

        めちゃ楽しみ。 

         

        是非時間のある方は見に来て下さい。

         

         

        さて、今年はこれで最後です。

         

        今年はLIVEHOUSEのアンツもオープンしました。

         

        毎年の事ですがスタッフにも、本当にお世話になりました。

         

        ありがとうございました。

         

        そして、生徒の皆さん。

         

        ありがとうございました。

         

        発表会までもうちょっと。

         

        楽しく頑張って下さい。

         

        来年もよろしくお願いします。

         

        良いお年を!!!!!    

         

         


        ドラム教室

        0
           

          早いものでもう、12月。

           

          発表会まで1ヶ月ちょい。

           

          生徒さんの仕上がり具合は、、、

           

          例年同様様々です。

           

          仕上がりまでもうちょっとの生徒さん。

           

          まだワンコーラス目も終わっていない生徒さん。

           

          一通り通せるようになって更にカッコよくするために次のステップの練習をしている生徒さん。 

           

          練習したいのに理不尽な上司の言い付けに翻弄されて家にほとんど帰れず倒れそうで練習全く出来ない生徒さん。

           

          レッスンではまだワンコーラス目のサビまでしか終わってないのに 家では「余裕だぜ」と言っているらしい生徒さん。

           

          ただひたすら「やばい、やばい」と焦る生徒さん。

           

          様々です。

           

          中には通常レッスン以外に補講を申し込まれる生徒さんもお見えに なられます。

           

          私の考えは発表会は楽しんでもらえればと思っています。

           

          ので、プレッシャーはかけません。

           

          もちろん本番で間違えても注意したりは絶対しません。

           

          間違えるということはそんなに悪い事だとは思いません。

           

          もっと大事な事はたくさんあります。

           

          間違えなければ良い演奏という訳ではないと思っています。

           

           ステージの上は日常とは違う空間です。

           

          しかも、お客さんはみんなこちらを見ています。 

           

          緊張します。

           

          普段仕事や生活の中で緊張する事もあるでしょうがちょっと種類が違う緊張です。

           

          楽しい緊張      と言うと日本語的にはおかしいですが、 

           

          誰もイヤイヤ出て来ません。

           

          みんな気持ち良い、そしてカッコ良い、演奏したくてステージに臨みます。

           

          楽屋からステージまでのほんの数メートルの通路は緊張してますが気持ちはアゲアゲのハズ。

           

          そんで十分です。

           

          良い演奏をするに他に何もいりません。

           

          テクニックなんて何年もやっていればちゃんと着いてきます。 

           

          私はそんな生徒さんの演奏が大好きです。

           

          メチャ楽しいです。

           

          それぞれの人間性も知っているので余計そう思います。 


          ドラム教室

          0
             
            来年、1月29日(日)に、PRIME MUSIC LIVE が行われます。

            ボーカル、ギター、ベース、ドラム教室の生徒さんの発表会です。


            場所は柳ケ瀬の
            アンツです。

            今まさにドラム教室の生徒さんはそれに向けて練習しています。

             

            皆さんそれぞれテーマを持ちながら選曲しました。

             

             

            ドラム教室の生徒さん。

             

            彼のレッスンはしっかりやってます。

             

            しっかりと言うのは、、、

              

            基本練習をちゃんと練習します。

             

            実際にバンドで演奏したりする時にちゃんとできるように普段から練習します。  

             

            普通基本練習はあまり面白いものではありません。

             

            基本は大事か? 

             

            と言うとそうは限らないと私は思ってます。

             

            ドラムの楽しみって人それぞれ色々あると思います。

             

            基礎しっかりやりたい、基礎より好きな曲たくさんやりたい、ノンビリサボりながらぼちぼちやりたい、プロになりたい、めちゃ気持ちの良い演奏したい、人に喜んでもらえる演奏がしたい、大好きなドラマーのあの曲が出来る様になりたい、妄想したい、、etc

             

            私はどれもありだと思います。      

             

            ドラム教室では生徒さんが楽しめるメニューを常に考えてます。 

             

            、、彼の話に戻ります。 

             

            彼は徹底的に基礎を練習しています。

             

            いまやっておけば何年後かには思い通りに十分使えるはずです。

             

            そんな彼のテーマはアクセントを"コントロールする"です。 

             

            これを正しく、思ったように操るにはかなりの鍛練が必要です。

             

            彼は時間掛けてゆっくりマスターしつつあります。

             

            今回彼が発表会で演奏する曲はテンポゆっくりのロックです。

             

            私の方から「テンポゆっくりな曲」と指定してその条件にあう曲を選んでもらいました。

             

            そして彼にはフレーズを作ってもらいます。

             

            基礎練習で練習しているものの応用、発展です。

             

            自分でフレーズを作って曲の中で演奏してもらいます。

             

            先日一つ作りました。

             

            フレーズとしてちゃんと使えるものを自分で考えました。

             

            私はちょっとアドバイスしただけ、  

             

            この調子であと幾つかフレーズ考えてもらいます。 

             

            それが終わったらちょっとしたドラムソロです。

             

            本番が楽しみです。

             

            ・・・・・因みに☝の生徒さん、小学生の男の子です。

             

            将来恐るべし  です。 


            ドラム教室

            0
               

              デカイ音。

               

              ロックドラマーには必然です。

               

              でも、このデカイ音    ただバカデカければ良いってもんではありません。

               

              うるさい     のとは違います。

               

              今回は私が経験したデカイ音について。

               

               

              今年も強い中日ドラゴンズ。

               

              これを書いている段階ではマジック1。

               

              優勝は時間の問題です。 

               

              そんな中日ドラゴンズが当時11年ぶりに優勝した1999年。

               

              私は海外で活動する日本人の アーティストのバンドでドラム叩いていました。

               

              キッカケは友達の友達繋がりでした。

               

              そのアーティストがアルバムを発売 し、それから始まったWorldTour。

               

              メンバーは日本人、スタッフはアメリカ人でスタートしました。

               

              スタッフの中には私が高校生の時聞いていたアーティストのスタッフもいました。

               

              スタートした時点では私はまだバンドに参加していません。

               

              ツアーは全米からでした。

               

              その全米ツアーの途中アクシデントがありドラマーが交代しました。  

               

              で、、途中参加のドラマーはイギリス人です。

               

              で、、全米ツアーが終わり次は南米ツアーです。

               

              約90日位空いてスタートです。

               

              その間メンバーは一旦帰国です。

               

              その時に私に電話がありました。

               

              イギリス人のドラマーとの契約が全米ツアーまで だからだそうです。

               

              その電話が掛かって来た時の経緯はまたいつか別の機会に・・・・・

               

              その経緯もなかなかファンキーな出来事でした。。 

               

              南米ツアーからの参加が決まった後は直ぐに演奏できる状態にしなければなりません。 

               

              曲を覚えなくてはなりません。

               

              そのはバンドは譜面使いません。

               

              覚える為にそのイギリス人のドラマーが叩いていた全米ツアーの様子を録音したモノを渡されました。

               

              要はライブの音源という事です。

               

              びっくらこきました。

               

              デカイ音。

               

              でも、ただそれだけでなく 鋭い。 

               

              スティックのカゼ切る音が聞こえて来そうな、、、聞こえてくる音の鋭さに身体が切られそうな、、、、そんな音です。

               

              あまりのスケールのデカイ音にヤられました。

               

              何食ったらこんな事できんねん?

               

              、、、後にそのドラマーの名前調べたらめちゃ有名なドラマーで教則本出してる位の人でした。

               

              日本の有名なスタジオドラマーが雑誌でそのドラマーをフェイバリットドラマーとして挙げていた位です。   

               

              それを聞いてなかり研究しました。

               

              辿り着いた答はいかにスティックのスピードを上げるか?

               

              スピードを上げるのにどんな唄い方をしたら良いか?

               

               

               

              その南米ツアーが終わり日本に帰ってきたら中日ドラゴンズが首位に立ってました。 

               

               


              ドラム教室  

              0
                来年1月29日(日)にPRIMEの発表会PRIME MUSIC LIVEが行われます。

                希望者のみの参加です。

                今回はドラム教室からは10名位の生徒さんが参加されます。

                生徒さんの選曲は終わり本番に向けての練習に入っています。

                皆さんどんな曲を演奏されるのか?

                選曲の方法は様々です。

                人それぞれ違います。

                色々なパターンがあるのですが、、、

                例えば、、、普段ロックバンドでずっと活動していた男性の生徒さん。

                前から気になっていたのはJAZZ。

                でも中々やる機会もなく、、、

                そんな話を聞いていたので今回「JAZZ演ってみる?」

                自分も若かりし頃先輩から教えられました。

                その人はベーシストで外国人です。

                自分名義のアルバムをニューヨークで出している様な怪物でした。

                その先輩から言われました。

                「JAZZ勉強しろ。JAZZドラマーにならなくても良いからJAZZ勉強しろ。」

                それから何年か後、またまた違う先輩から教えられました。

                ある時その先輩と話してた時です。

                ドラマーの話になりました。

                あるスーパードラマーが二人いて二人ともむちゃくちゃ上手いんだけど何かが違う様に感じる。

                何かは全然分からないけど、、って会話だったと思います。

                「Be Bop勉強したか、していないか、の違い。」

                「Bop勉強しろ。」

                自分の周りには化け物みたいなミュージシャンが沢山いて、しかもありがたい言葉を掛けてもらい、、

                と言う事で、、発表会に出る彼もBopです。

                いきなりあまり難しい曲を選曲はしませんが、、Bop演ってもらいます。

                人生最期までしゅぎょう!?

                0
                  おっひさしぶりです!

                  みなさんおげんきですか??
                  ボーカル講師の マキです!


                  私は先日、ヨガの1〜2回目レッスンに行ってきました!最初なので座学でいろいろなことを知りました。

                  ヨガの歴史から、なぜヨガをするか、など、教えていただいたり、話し合ったりしました。


                  わたしは、ヨガで健康になりたいわけでもスタイルが良くなりたいわけでも、
                  ボーカルの為の呼吸法や良い姿勢を身につけたいわけでもなく(結果的にはそれらがボーカルのためになるだろうという事は想像できますが)
                  それは言葉で説明出来ないものだったので、
                  こうやって時間を掛けて語り合うしかなかったのですが…。

                  結局、大げさにいうと、
                      修行したいということ 
                  ではないのか?と。

                  それは、よくたずねられる
                  「なんで歌を勉強する事を続けてるんですか?」
                  という質問に対する答えとも同じです。


                  スポットライトを浴びたいの?
                  上手になりたいの?
                  尊敬されたいの?
                  自己表現?
                  とにかく”歌が好き”なの?

                  いや、それらもすべて、ちがうとはいえないけど、
                  ピンと来ない。

                  副産物として、上手くなり、人に喜んでもらい、評価されるというご褒美を頂けるという喜びはもちろんあるけれど、
                  結局は、私にとっては単なる修行の結果で。
                  その修行の内容がたまたま、歌だっただけの事。


                  もし違うものと出会っていて、
                  それをつきつめたいという欲求を持ったなら、
                  修行の媒体は歌ではなかったのかも。

                  ヨガをやりたいなとおもったのもそれなのだなと、
                  すんなり腑に落ちました。
                  ちなみに、ヨガ以外の身体を動かす事には、あまり興味がありません。
                  歌(とくに、専門としているオペラやミュージカル)の為でしたら、
                  モダンバレエやバロックダンスをやった方がいいかもしれないし…。
                  また、スポーツジムにも全く興味がありません。
                  ストレッチなんかも、やる気おきません。


                  ヨーガにはその背景に哲学があるから、楽しみになるのかもしれません。

                  宇宙の中で私を含めたニンゲンはどういう存在なのか?
                  命って何なのか。心って何なのか。

                  きっと全く答えは出ないのですが、
                  考えるのも楽しい事です。


                  私は禅寺の孫娘なので(関係ないか?)
                  たまに自ら写経なんかをしたり、
                  般若心経の意味を考えたりしています。

                  私は「死後の世界」やら「オバケ」やらを、まったく信じてない のですが、
                  それは、禅宗の考えが身体の芯にあるから、かもしれませんね。

                  人には、いろんな煩悩があるけれど、
                  しては行けない事をしない、するといい事をする、
                  ということを目指していけば、
                  自分自身も、自分以外の人も皆幸せになる事が出来るんでしょうね。


                  普段から、日経サイエンスを読んだり、脳科学のお話が大好きなわたし。
                  私は先日、ヨーガの先生に
                  「心ってなんだと思う?」
                  ときかれて、ヨーガの哲学として、きっと違うんだろうなあと思いながら、
                  「脳のなかの信号と、脳内物質で決まるもの。
                   臓器と一緒」
                  と答えたんですね。
                  ちょっとあたまでっかちな、面白みのない答えになってしまう訳です。
                  でもきっと、それだけではないんでしょうね。


                  色々迷う事もあるけれど。

                  ちゃんと、自分の信じるように、演奏していきたいです。

                  ずっと勉強していたい。
                  そんな気持ちです。

                  おわり☆

                  ドラム教室

                  0
                     久々の更新です。

                     

                    PRIMEポピュラーミュージックスクール の発表会 PRIME MUSIC SCHOOL LIVE(仮称)vol2が決まりそうです。

                     

                    もうすぐハッキリと日時出せそうです。

                     

                    ドラム教室の生徒にはすでに話がしてあって11名前後の参加となりそうです。

                     

                    各自選曲は既に終ってます。

                     

                    選曲の仕方は様々です。

                     

                    先ず選曲にあたり其々にテーマを明確にしてあげます。 

                     

                    速い曲 とか、ロック とか、今練習しているテクニックを使ったフレーズを使う とか、自分が演った事ないジャンルに挑戦 とか、

                     

                    様々です。

                     

                    今回初めて参加される方もおられます。

                     

                    人生初ステージです。

                     

                    そんな方にはとにかく楽しんでもらえたら・・・・と思ってます。

                     

                    好きな曲を数曲選んでもらいその中から無理なく練習出来る曲を選びました。

                     

                    ある生徒さんは、、、、もう半分位は仕上がってます。

                     

                    充分間に合いそうです。

                     

                    でも、ご本人は楽しみな期待大なのですが一方で不安も一杯。。

                     

                    間違えたらどうしよう、、、、

                     

                    全然問題ないです。

                     

                    間違えて良いんです。

                     

                    大事な事はそんな事ではありません。

                     

                    間違えなければ良い演奏と言う訳ではないです。

                     

                    間違えたら次間違えなければ良いんですから。

                     

                    緊張したって良いんです。

                     

                    ステージの上は別世界です。

                     

                    普段の生活ではなかなか味わえる空間ではありません。

                     

                    緊張しない訳がありません。 

                     

                    今から思いっきり瞑想して、テンション上げて、カッコイイ姿を思い浮かべていて下さい。

                     

                    それでステージに上がったら全部ぶつけて下さい。

                     

                    きっと良い演奏になるはずです、、、

                     

                    きっと何かが生まれます。

                     

                    それを感じて欲しい と思ってます。

                     

                    そんな話を生徒さんにはしてます。 

                     

                    本番が今から楽しみです。

                     

                    次回は発表会に向けての色々な出来事をUPするつもりです。 

                     


                    お久しぶり!

                    0
                      K.O.Hです!




                      皆さん、充実した夏を過ごせましたか?




                      自分はバンド活動ばかりの夏でした。




                      そんな勢いづいてる我がバンド、


                      Black Klaxonがとうとう岐阜県に上陸です。



                       2011年 9月11日(日)

                      岐阜 CLUB ROOTS


                      O&A Records Presents GIFU LIVE vol.3 
                      「VIVA ROCK」

                      【OPEN/START】
                      17:00/17:30

                      【出演】
                      Drive
                      JERALD KING
                      CRYIN`HEART
                      Black Klaxon

                      and more...

                      【ticket】
                      前売り2000円
                      当日 2500円


                      【チケット発売日】 
                      8/13 (土)
                      ①チケットぴあ 0570-02-9999 
                      (Pコード: 147-460)
                       ローソンチケット 0570-084-004 
                      (Lコード: 45030)

                      ②店頭予約

                      CLUB ROOTS 058-248-7565

                      ③各バンドにて予約

                      入場順
                      ①→②→③

                      【企画】
                      OFFICE・ALIVE


                      岐阜県羽島郡岐南町上印食8-50  

                      TEL 058-248-7565




                      Black Klaxon   












                      この機会に是非是非遊びに来て下さい。



                      ではまた!!









                      K.O.H




                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM